不妊症の治療は医師との信頼関係が大切

研究

不妊症というのは日本の社会的な問題となっています。少子高齢化が進み、結婚の晩婚化や高齢出産が増えたことにより表面化した問題であり、多くのカップルが不妊症という問題に直面し、不妊治療に励んでいるのです。不妊治療に取り組む決意をした夫婦にとって重要なことは、医師との信頼関係をしっかりと築いて行くことが何よりも大切です。特に、一般的な治療法と言われるタイミング療法では、排卵のタイミングに合わせて性行為を行うことから、医師の支持をしっかりと訊いて夫婦二人三脚で取り組む必要があるのです。どちらかがやる気がなかったり、非協力的である場合には不妊治療は成功しないことも多く、パートナーの協力を得られないがために妊娠を諦めてしまう人達も少なくないのです。横浜の婦人科クリニックでは、カウンセリングに重点を置いて治療を行っています。妊娠しやすくするためには、日々の生活の改善も必要なので、医師が生活指導を行いながら不妊治療に取り組む夫婦も多いのです。

不妊症の治療の流れについて

医者

一般的な不妊治療の流れというのは、カウンセリングとタイミング法です。横浜で不妊治療を専門的に行っているクリニックでは、第1段階の不妊症の治療のために、この方法を提唱しています。ただし、不妊症の治療は妊娠を希望する女性の年齢に大きく左右されることになります。年齢が高くなってしまうと、タイミング法では妊娠しにくくなるため、そうなるとさらに高度な治療方法を提案することになるのです。ただし、20代から40代前半であれば、タイミング法でうまくいくケースがほとんどなので、それで上手く妊娠をすることができれば何ら問題はないのです。一般的なタイミング法の手順は、女性の体の状態において最も妊娠しやすい排卵日の2日前から排卵日当日までの間に性行為をするようにタイミングを合わせます。医師から細かな指示があるので、それに従って夫婦で協力をしながら不妊治療に取り組む姿勢がとても大切です。しかし、タイミング法には限界があることを述べておく必要があります。タイミング法は広く用いられている不妊治療の方法です。ただ、この方法を用いて治療を行っても、6回で妊娠することができなければ、次の治療方法へステップアップする必要があります。タイミング法は6回が限度と言われており、6回を超えても妊娠しないようであれば、次はさらに高度な人工授精などの治療方法を試す必要があるのです。